いまでは2000円とか3000円で買えるようなジーンズというのは当たり前のものになっています。
でも、こういう低価格化や安いジーンズの品質の向上というのは、個人的にはユニクロの台頭以降のものだと思っています。
それだけ、ユニクロの出現というのは、大きなインパクトのあるものだったのではないでしょうか。
私が小学生の頃というのは、デニムというのはそこまで一般的なものではなかったような気がします。
まあ、年齢も年齢だし、そこまで自分の服にこだわることというのもなかったのかもしれません。
でも、今では小学生や、もっと小さな年齢の子どもだってデニムを履いたりするし、それに安く購入することができますよね。
ユニクロの登場というのは、それまでの「安かろう、悪かろう」というイメージをすっかり変えてしまったように思います。
もちろん、安く売られているものの中には、数回洗濯をしたらペラペラになってしまうようなものもあったりします。
でも、ユニクロのデニムというのは、意外にしっかりとした作りになっているし、本当に品質の良さと安さには驚かされてしまいます。akomu 借入れ