こないだ、ついに人生初の白髪を発見してしまいました。私の兄弟は若いころからいわゆる若白髪があったのですが、私は一度もできたことがなくて。
いつ生えてくるかなと思っていたら先日、おでこの生え際に白く見えるものを発見。一瞬目を疑いました。その場でむしり取り、再度じっくり見たけどやっぱり白い!自分の髪が白いということが新鮮すぎてショックとかはなくてただびっくりしました。
いつかは当然生えてくると思っていたし、歳には勝てませんね。これからどれくらい白髪が生えてくるかちょっとだけ楽しみな気持ちもあったりして。いずれ私にも白髪染めと格闘する時が来るんだろうか。
うちの母も白髪かなり目立つのでよく白髪染めを頼まれるのですが、自分もそうなるのかなとちょっと不安。
気持ちはまだまだ昔のままなんだけどな。笑 この白髪事件?でやっぱり体は着実に歳を取っているんだなと実感。一生付き合っていく体なのでもっと労わってあげようと思います。yahoo! japanカード 楽天カード

難しいですよね。といっても、子供の世界史を勉強していると、自分が受験の時には、まったく考えもしなかった思いというかつながりが見えてきたりします。受験のころには、語句と史実が中心でしたから、こうなって、こうなるというつながりをあまり考えなかったのです。さらには、ファッション自体も、大きなくくりで考えていて、それもだいぶ違うということがw買ったりします。
最近になって、馬鹿なもので、よくわかったというのが、あの、グリム童話に出てくるお城のある国。お姫様。こちらが、今の世界を見て想像してはいけないということです。誰もそんな人はいませんよと言われてしまいますが、世界史を勉強しても、今の国の枠からは、外れることはないのです。日本人だからでしょうね。
たぶん、でたらめかも知れませんが、シンデレラもした雪姫も、オーロラ姫も、日本だったら、戦国時代を思い出すというイメージでいいのではないでしょうか。これならわかりやすいです。キレイモ パックプラン